SSブログ

生理前×肌荒れ。オールインワン化粧品【BibaRain(ビバレイン)】
前の3件 | -

ニキビ 女性ホルモン [ニキビ 女性ホルモン]

大人のニキビを予防、改善するためには、女性ホルモンの力を借りるべきです。

女性ホルモンは、1種類ではありません。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つに区分されております。

それぞれ、働きが異なっています。

エストロゲンは、皮脂分泌を抑え、きめ細かい肌を保ちます。

プロゲステロンは、逆に、皮脂分泌を促します。


一般に生理前になると肌が荒れやすくなるのは、このプロゲステロンの影響というのが一般の説とされていました。

でも、実際は間違いのようです。


ニキビの原因は皮脂だと考えている方が多いようです。

でも、根本的な原因は、肌バリアが失われて角質層が乾燥して、角栓による毛穴詰まりが起こりやすくなることにあります。

毛穴が塞がれていなければ、皮脂は毛穴から排出されるわけなんです。


このことから、先ずは、肌本来のバリア機能を回復させることです。

そして、角質層の水分量をキープしてくれる女性ホルモン、エストロゲンを適度に増加させることです。

これがニキビ治療、予防の基本であることは間違いないでしょう。


女性ホルモンのバランスに着目した、オススメの美容液です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

あご ニキビ ホルモン [あご ニキビ ホルモン]

あごは、男性なら、ヒゲが生える位置であります。

これからも分かるように、あごは男性ホルモンの影響を受けやすい箇所なのです。


男性ホルモン過多の状態が続くと、以下のような働きを強く受けてしまいます。

・皮脂の過剰分泌促進

・角質層の異常角化による角栓発生促進


男性は、ヒゲが生えます。

そのため、毛の成長と同時に、不要な角栓や皮脂が押し出されるのです。


でも、女性の場合は、そもそも毛穴があまり開いていません。

そのため、角栓や皮脂が内部に溜まりやすく、ニキビが発生しやすいのです。


乾燥、さらには男性ホルモンの働きによって、角質層は固くなってしまいます。

すると、角栓による毛穴詰まりが起こります。

この過程が、あごニキビの原因と言えます。


ニキビ予防には、保湿ケアに加えて、男性ホルモンの作用を押さえる治療が効果的です。

でも、皮膚科でのレーザーやピーリングは、かえって肌を傷める危険性があります。

なので、敏感肌の方にはあまりオススメできません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ニキビ 男性 ホルモン [ニキビ 男性 ホルモン]

Uゾーン、つまり顔の側面(もみあげから顎にかけて)、あるいは口周り(鼻の下)にニキビができやすい方は、男性ホルモンが原因となっている可能性が大きいようです。

このUゾーンと口周りは、男性ホルモンの影響を受けやすい箇所なのです。

ここは、男性だとちょうどヒゲが生えやすい位置に当たります。

女性の場合ですと、ヒゲが生える代わりに、男性ホルモンの影響で大人ニキビができてしまうのです。


大人ニキビの主な原因は、男性ホルモンにあります。

でも、なぜ女性なのに男性ホルモンが優位の状態になってしまうのでしょうか?

この一番の原因としては、不規則な生活やストレスによる“ホルモンバランスの乱れ”が挙げられます。


ストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が優位になります。

そうなると、身体全体が緊張状態になったり、興奮状態になってしまいます。


交感神経は、男性ホルモンの分泌を促します。

そのため、交感神経が活発な状態が長く続いてしまうと、結果的に男性ホルモン優位の体質へと変わってしまうのです。

この影響が肌に表れると、大人ニキビができやすい状態になります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の3件 | -
コスメ


ブログ王ランキングに参加中!
seo great banner track feed ニキビ ホルモン
  • SEOブログパーツ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます